<< 映像の記憶 | main | 水戸短編映像祭 >>
え〜!
え〜って言う状況に出会う事が多いかも。
先日のドアノブが取れたのも「え〜」だが、今を去ること20数年前、スコーピオンズと言うドイツのヘビメタバンドのコンサートに行った時の事。
スコーピオンズと言えば当時、過激なヘビメタバンドとして知られ、アルバムのジャケットに少女のヌードを使って、世間的な顰蹙を買う様な感じでした。
そのコンサート、確か新宿厚生年金会館だと思ったが・・・(中野サンプラザかな?)コンサートのオープニング、ヘビメタ独特のリフに合わせて照明が上がる。
ボーカルはまだステージ上にはいない。
そして、曲がいよいよ、唄の部分にさしかかる。
盛り上がる会場。
そこにボーカル登場。
かっくいい〜
曲のイントロのブレイクで、雄叫びを上げながらジャンプ。
しかし、ロンドンブーツは滑るんですよ。
かっこよく着地を決めたと思ったら、そのまま滑って、ステージから客席に。
どて!・・・っと落下した。
え〜!
脱力とため息のえ〜!
ボーカルはそのまま自力でステージにはい上がり歌い始めたが、もう駄目でしょう。
まさに、なんだもなぁ。ですよ。

さらにアンコールで来日公演に合わせたサービスで「荒城の月」を熱唱。
最初が最初だけに、かえってもの悲しいからやめてくんないかな。

何で俺が行った日に限ってこうなんだろう?
| - | 00:14 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE